AGAで悩まされる男性

様々あるAGAの原因のひとつとして遺伝がありますので、もしも親や祖父・祖母など身近に心当たりのある場合は、もしかしたらアナタにもその危険が迫っているかもしれません。今はまだ自覚症状がなくても、対策は早いに越したことはありません。

妊娠中AGA治療はどうするべきか

AGA治療にはプロペシアという治療薬が欠かせません。しかしプロペシアというのは妊娠している人にとっては注意すべきものなのです。そもそもプロペシアは成人男性の脱毛を改善するためのものなので女性もしくは妊娠している人には影響がないのではないかというイメージがありますが、実際にプロペシアの説明書には妊娠している人は錠剤に触れないようにしてください、という注意書きがあるのです。もちろん妊婦の方がプロペシアを服用することはないのですが、妊娠中はプロペシアの錠剤に触れるだけで非常に危険なのです。皮膚から薬剤が吸収されてしまうと胎児に影響を与える可能性があるのです。このため、もしプロペシアを服用する場合は主人本人が管理するようにしたほうが良いでしょう。次にプロペシアを服用している主人と妊娠中の奥さんとの性行為についてですが、一般的には特に問題はないと言われています。それでも不安の場合は主治医に相談し、場合によって妊娠期間中はプロペシアの服用を控えるようにしてください。生まれてくる子どものことを考えれば少しの間プロペシアを服用できなくてもそれは仕方のないことではないのでしょうか。もちろんプロペシアは続けないと効果はありませんし、プロペシア自体も錠剤がコーティングされた状態なので大丈夫と思われる方ももしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、お腹の胎児に影響を与えるものは極力排除していくようにした方が良いのではないでしょうか。プロペシアでなくても他の医薬品の服用によってもアトピーやアレルギー疾患を持つ乳児が産まれてくる可能性があります。このため、プロペシアの服用を一時的にやめることを機に他の医薬品についても考慮してみてはいかがでしょうか。