AGAで悩まされる男性

AGAも遺伝から来ているのか?

様々あるAGAの原因のひとつとして遺伝がありますので、もしも親や祖父・祖母など身近に心当たりのある場合は、もしかしたらアナタにもその危険が迫っているかもしれません。今はまだ自覚症状がなくても、対策は早いに越したことはありません。

AGA発症の主な原因とは

最近の若者男性に向けては非常に大きな悩みの種となっているのが薄毛になります。薄毛になってきますと周りの目を気にしなくてはならず、多くの人がどんどんと気にしだしていますので、より一層の努力を実施して対応していかなくてはなりません。このような状況が続いていく中で、薄毛に関してはAGAと名付けられるようになってきており、病気として認定されるようになってきたため、今後もきっちりと対応していく必要があると医療機関も対応し始めています。特に、医療機関が本格的に研究を始めたため、AGA発症の主な原因をしっかりと研究されるようになってきました。これまでは一部のメーカーや会社が研究してきた内容ですが、これからは大手の病院や医療機関や大学などでも研究が進んできておりより一層原因究明への手がかりをつかめるようになっています。特に、最近ではAGA発症の主な原因は3つの要素があるとされており、様々な研究結果も出始めてきています。一つ目の原因としては遺伝的な要素が多いことにあります。特に男性の場合は両親や祖父が薄毛の場合は高確率で薄毛になるため遺伝的な要素としてAGAが発症してしまう可能性が高くなっています。二つ目の原因としては男性ホルモンの分泌が多い人ほど薄毛になりやすいといった結果になってきており、特に若い男性において男性ホルモンがどんどんと分泌される時期に薄毛が進行する可能性が高くなってきています。三つ目の原因としては普段からの生活習慣が不規則な人ほどAGAが発症しやすいという結果もあります。特に日本人の場合は食生活が欧米化が進んできており脂肪分の多い食事を好むようになってきているため、より多くの男性がどんどんと髪の毛にダメージを与え始めているのが原因としてあげられています。

食事の脂肪分とAGAの関係

最近の日本人は常日頃から髪型を気にしているせいか男性に関しては若いうちから薄毛が進行している人がどんどんと増えてきています。特に、最近の人達にとってはより一層薄毛が進行している人が増えてきており、このような人たちをAGAとよんでいます。AGAに関しては病気として認定されているため、薄毛に関する治療も病院でもできるようになってきました。このため、多くの病院においては治療を目的として通う患者を受け入れるようになってきています。このような状況の中、食事の脂肪分とAGAの関係について研究がされるようになってきており、関連性があるという研究結果も発表されるようになってきました。これまでの日本においては魚や野菜中心の食生活を実施していたのですが、最近になってから欧米文化を取り入れるようになってきており、食事に関しても肉や脂肪分の多い食生活を好むようになってきました。食事に対して脂肪が多い時には脂が頭皮に付着しやすくなり、頭皮では毛穴に脂がつまりそこから髪の毛が生えてこなくなるような状況が続いていくと薄毛となる可能性があるといった研究結果が発表されています。このような状況においてはより一層しっかりとしたケアが必要になってくることから、食生活に対しても普段から脂肪分を取りすぎないようにきっちりと気を付けてあげる必要があります。さらには現在の日本においてはどんどんと脂肪が増えるようになりがちで、外食が多い人にとっては常に気を付けておかなければ油断しているとついついて脂肪を摂取してしまう環境になっています。そのため、食生活をきっちりと整えることで、毎日の健康を維持するとともに、AGAの進行を防ぐ手段として適用していくことが大切になります。

慢性的な疲労はAGAを進行させる

AGAは慢性的な疲労によって進行しやすくなるので、疲れはこまめに解消していきましょう。男性ホルモンが過剰分泌されることでAGAは進行しますが、それ以外にも生活習慣が関わってきます。ストレスも薄毛を促進させますが、最初に改善させたいのは疲労なのです。疲労からストレスが生まれることが多いので、まずはストレスの発生源となる疲労から解消していきましょう。サロンで頭皮診断を受けた場合も、頭皮の疲労を指摘されることがあります。抜け毛が増えてきたら、頭皮に何らかの問題があると考えていいでしょう。そのまま放置しておくと、抜け毛は加速度的に増えていきます。抜け毛が多いと感じたら、頭皮マッサージを毎日行うようにしましょう。頭皮が硬くなっている場合は、まず間違いなく血行不良を起こしています。頭皮全体の血行不良は栄養不足の原因となり、髪を細くさせるのです。AGAの治療では男性ホルモンの抑制が一番大切ですが、頭皮環境の改善も必須となります。慢性的な疲労を解消するには、夜ふかしは絶対に避けるようにしましょう。夜ふかしのデメリットは絶大であり、肌の新陳代謝を悪くしてしまうのです。毛母細胞が活発に活動できなくなり、それによって髪が痩せ細っていきます。髪が細くなった場合は栄養不足が原因であるケースが多いので、タンパク質と亜鉛、ビタミンB群を摂取していきましょう。これらの栄養素は慢性的な疲労を軽減するためにも役立つので、サプリメントで補っていくのもいいでしょう。サプリで疲労を予防させるには、ベーシックサプリから摂取することが大切です。精力剤もAGAを予防するために役立ちますが、合わせてベーシックサプリを飲んでおくべきです。
■AGAに効果があるジェネリック医薬品のひとつです
ツゲイン
デュタス
■AGAに効果のある医薬品を通販で入手しましょう
プロペシア 通販
■AGAになる原因は様々あり、自分の頭皮にあった治療薬を使いましょう
AGAの悩みは薬で解決!